P/N: CA-1C8-00M1WN-00
PCケース > Core > Core V31
特徴 ギャラリー スペック ビデオ サポート 製品レビュー
 

Feature

Tt LCS Certified Thermaltake Core V31   ミドルタワーケース
「Core V31」は、Thermaltakeプロデュースとなる冷却性能重視のPCケース「Core」シリーズのエントリーモデルで、シリーズ共通の特徴となるメッシュデザイン、「空冷」「水冷」の冷却性能を最大化する設計を継承し、標準的なミドルタワーケースのサイズながらも多彩な冷却装置を組み込めるPCケースです。 このクラスのPCケースでは実現できなかった360mmラジエータを搭載可能となっており、水冷キットを初めて使う方でも安心してご使用いただけます。また、巨大なアクリルウインドウと着脱可能なドライブケージを備えていますので、LEDファンや電飾等を追加して自由に楽しむことができます。
Thermaltake Core V31   窓付きミドルタワーケース
 
 
ダストフィルターを装備
ケース各所にメッシュ構造を採用し、優れたエアフローを実現します。ケース各所にはホコリの侵入を防ぐダストフィルターを装備しております。上部のフィルターにはマグネット式フィルターを装備していて、簡単にメンテナスが可能となっています。
 
便利なツールフリー設計
 
取り付け時にドライバーなど必要としないツールフリー設計のドライブベイを採用しています。HDDベイは3.5/2.5インチドライブの取り付けに対応し、メンテナンス性にも優れた取り外し式トレイを搭載。

 
フルモジュラーコンセプト

5.25インチドライブを最大2台、HDDやSSDを最大3台まで搭載できるドライブケージを搭載。ケース内の全ドライブケージを取り外すことができ、最大420mmまで拡張カードの搭載スペースを確保することが可能。長さのあるグラフィックスボードや水冷ラジエータなど、取り付けるパーツに合わせた配置にも柔軟に対応します。また、マザーボードベースの裏側には2.5インチドライブを2台まで取り付けできるスペースも備えており、SSDを背面に取りつけることも可能です。

 
多くの冷却オプションに対応 空冷/一体型水冷
Core V31は前面と背面に120mmファンをそれぞれ1基標準装備。多くの冷却オプションに対応しており、ケース内の各所に120/140mmファン、及び120~360mmまでの水冷ラジエータを取り付けることができ、用途に合わせたセッティングが可能です。最大には8個のケースファンを装備できる設定となっています。
 
DIY本格水冷をサポート

Core V31は本格的なDIY水冷をサポートしたミドルタワーケースです。最大360mm ラジエーターの搭載が可能で、ロンググラフィックボードにも対応しています。シルテム上、冷やす事だけでなくオーバクロック仕様にも適用するハイエンド仕様の冷却重視「冷える」コンセプトケースとなります。

“Tt LCS Certified 水冷システム認証ケース”とはサーマルテイクがハイスペック、ハイレベルのDIY水冷が組めるケースに認証を行った認証マークです。プロ水冷専用に組める水冷システムを最大限にサポートした「冷える」コンセプトのケースにこの認証をつけさせていただきます。
 
Core V31 Radiator Supporting List
Radiator Compatibility
  120mm 140mm 240mm 280mm 360mm
Front * * * * *
Top *   * * *
Rear *        
Bottom          

Water 3.0 Compatibility List
  Ultimate Extreme Pro Performer
Front * * * *
Top * * * *
Rear     * *
Bottom        
 
Core V31 Fan Supporting List
Fan Compatibility List
  120mm 140mm
Front 2 2
Top 3 3
Rear 1 -
Bottom 1 -

Thermaltake Compatible Fan
PURE FAN Series * *
LUNA FAN Series * *
Odin FAN Series * -


Core V Series Comparison Chart